メープルクッキー。

メープルクッキー。

ハロー!プロジェクト関連、美容・化粧品、ブログ運営、節約体験談など記載している雑記ブログ

MENU

カントリー・ガールズ新体制について思うこと

f:id:r122307131111:20170627201332j:plain

 

どうもこんにちは、山田です。

 

さて、ハロヲタの間で様々な呼び名がつけられつつある、恐怖の金曜日22時のお知らせ。

ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

 

今回は「カントリー・ガールズの今後の活動について」という名前で発表されたお知らせの内容について語っていきたいと思います。

 

 

 

カントリー・ガールズの今後の活動について

まぁ、タイトルからして不穏そうなお知らせですよね。

内容はこんな感じ。

いつもハロー!プロジェクト、並びにカントリー・ガールズの応援、ありがとうございます。
カントリー・ガールズは今夏より新たな体制に移行し活動することになります。


嗣永桃子が卒業するタイミングに伴い、今後の活動について各メンバーと話し合いました。
来年にはハロー!プロジェクトが20周年を迎えることもあり、日々のハロー!プロジェクトの活動をより精力的に行うため、
森戸知沙希・梁川奈々美・船木結は、ハロー!プロジェクトの他のグループに移籍してメインの活動を行い、
カントリー・ガールズの活動と兼任する事になります。
どのグループに移籍するかは、後日改めて発表させていただきます。

現在、大学2年の山木梨沙、高校1年の小関舞に関しては「学業との両立」もあり、
ハロー!プロジェクトは中学卒業後の学業も大切であると考えているので、
前述の3人のような体制での活動は困難な状況と判断し、在学期間中は他のグループへ移籍はせずに、
カントリー・ガールズとして、学校の休日や長期休暇中での稼働をメインに活動させることにしました。


今後のカントリー・ガールズの活動ですが、6月30日の「嗣永桃子ラストライブ ♥ありがとう おとももち♥」には
嗣永桃子を含めた6人で出演し、7月15日から始まる夏のハロー!プロジェクトのコンサート・ツアー
「Hello! Project 2017 SUMMER ~HELLO!MEETING~/~HELLO!GATHERING~」には5人で出演致します。

以降も、ハロー!プロジェクト全体で行われるライヴやイベントを中心に各レギュラー含めて活動を継続していきます。
また新曲も発表していきますが、配信のみでのリリースを考えています。
その他の活動につきましては、決まり次第お知らせ致します。


新しい体制で活動していく山木梨沙・森戸知沙希・小関舞・梁川奈々美・船木結、カントリー・ガールズの応援を宜しくお願い致します。
 

株式会社 アップフロントプロモーション

http://www.helloproject.com/news/7195/ より引用、引用日:2017年6月11日)

 

 

私はこの文章を一度読んだだけでは理解できないほどクレイジーな内容に感じたので、とりあえず理解できるまで数回読み返しました。

要はざっくりまとめると

 

・森戸知沙希、梁川奈々美、船木結は他のグループへ移籍し、そちらでの活動をメインに行う(カントリー・ガールズとは兼任という形)

・山木梨沙、小関舞は学業との両立のため、長期休みや休日をメインにカントリー・ガールズの活動のみ行う(兼任および移籍はなし)

 

今後は以上のような体制で活動していくと事務所様は申しているようです。

 

ただこれって、言葉は違うけど要はカントリー・ガールズを解体しますってことではないんですか?

身も蓋もない言い方をするならば、ももち卒業後の5人のカントリー・ガールズでは採算が取れないのでこのような体制になりますというように読み取れますけど、私の頭がおかしいんでしょうか。

 

 

 

学業とアイドル活動の両立について矛盾点がある

学業との両立を考えるならば、身近な先輩のたとえで℃-uteの鈴木愛理ちゃんとか、それこそももち先輩とかがいるではないですか。

 

愛理は某大学に通いながら℃-uteでの活動(コンサート、握手会などのイベント、CD収録、PV収録など)、ピンでの活動(雑誌などの撮影、テレビ出演)をやりきり、大学をきっちり四年で卒業しました。

ももちだってBerryz工房での活動(コンサート、握手会などのイベント、CD収録、PV収録など)、ピンでのテレビ収録を精力的にこなし、更に大学で教職課程を選択し、教員免許まで取得した上で大学を卒業しています。

 

この2人の能力がただ優れている、と思われる方もいるかもしれませんが、本当にやる気があるならば、ハロー!で最前線でアイドル活動しながらも学業を両立させることができるっていう前例があるんです。

山木梨沙ちゃんも小関舞ちゃんも、まだここまで挑戦していないのに学業との両立を理由にアイドル活動をセーブさせるというのはおかしくありませんか?

愛理やももちのようにやってみて、それで限界だ!となれば仕方がないと思いますけど、そうでないならこの2人がアイドル活動をセーブするための表立った理由に挙げるべきではないと思います。

 

 

また、カントリー・ガールズには現在中学三年生の船木結ちゃんが在籍していますが、義務教育に該当するメンバーが学業両立組ではなく、移籍組に含まれているのはおかしくありませんか?

だってハロー!プロジェクトは学業の両立も大事にしているって上記の文章内で仰っていますよね?

カントリー・ガールズ内で誰よりも学業とアイドル活動の両立をしなければならないのは現在中学三年生の結ちゃんではないのですか?

勉強が苦手と言いながらも、テストの花道でレギュラーになってからは勉強を頑張っている結ちゃんの学業についてはどうでも良いんですか?

 

とまぁ言い出すときりがないのですが、矛盾している点が多すぎてスルーができません!

 

 

 

「各メンバーと今後について話し合った」に矛盾点がある

メンバーの山木梨沙ちゃんの「新体制」というタイトルで付けられたブログでは、下記のように記述されています。

先日、突然マネージャーさんからお話がありました。
 
来年がHello! Project20周年ということで、Hello!Projectのさらなる飛躍のために、カントリー・ガールズのメンバーを他のグループに移籍して活動を行うとのこと。

山木梨沙|カントリー・ガールズオフィシャルブログ Powered by Amebaより引用、引用日:2017年6月12日)

 

つまり、まずマネージャーさんから決定事項として移籍の話があって、そこから更に今後のことについて話し合ったと書かれています。

しかし上記の事務所からの発表では、ももち卒業後について話し合い、その結果森戸、梁川、船木はカントリー・ガールズから移籍(兼任)、山木、小関はカントリー・ガールズ専任に決まったと解釈できるように書かれています。

 

これ、内容が矛盾していますよね。

移籍することを最初から決定事項として話すことと、最初に今後どうする?じゃあ移籍にしようか、では大分違いますよ。

一体どっちが正しいの?

 

無添加ホワイトニング

 

 

 

こんな重要なお知らせを発表するタイミングについて

あのですね、℃-uteの解散が6月12日、ももちの引退コンサートが6月30日に決まってて、ハロヲタはみんなそこに向けて気持ちを集中させていた訳ですよ。

2002年6月30日にハロー!プロジェクトキッズオーディションに合格したメンバー全員が今月中には誰もハロー!からいなくなるってことで、ハロヲタは通常時よりも情緒不安定な訳ですよ。

きっとハロプロメンバーも私たちと同じように、いや私たち以上にいろいろな気持ちを抱えていることでしょう。

 

何故そんなタイミングにメンバーやヲタの心をこんなかき乱す重要なお知らせを持ってくるんですかね?

決定事項は時期を考えずすぐお知らせしないと地球が滅びるとか、そういう問題があるんですか?

 

というくらい、最悪なタイミングでこのお知らせをぶっ込む必要がどこにあったのでしょうか。

事務所様にはそこのところを事細かにお伺いしたい気持ちです。

 

せめて、全てが終わった7月とかさ、発表するタイミングは他にもあったでしょう。

(そもそもこんなことをしない、ということが一番ではありますが)

 

また、金曜日の22時にこういった内容のお知らせをこそこそとアップする時点で、事務所様はこの件に関する第三者の意見を聞き入れるつもりは全くないという意志を感じます。

それって企業としてどうなんですか?

客の意見をガン無視して強行突破、それでもお前らどうせ金出すんだろ?という乱暴な姿勢も感じます。

 

 

 

ももちのこれまでの努力と5人で頑張ると語ったメンバーの決意を、周りの大人が台無しにしないでほしい

長くなりましたが、つまるところ、ももちが卒業した後はカントリー・ガールズは5人でがんばろう!と意思をひとつにして燃えていたところに、事務所がメンバーの背中を押さず、あろう事か冷や水を浴びせてしまった事実が悲しいんです。

 

ももち卒業後は動員やセールスが厳しくなるかもしれない。

でも私たちがももちイズムを引き継いでカントリー・ガールズとしてやっていくんだ!と自信を持ち、やる気になってたメンバーの出鼻をくじいて楽しいですか?

こんなことをするなら、なんでカントリー・ガールズをデビューさせたんですか?

企業だから利益を出さなきゃいけない団体でははありますけど、一度もももち抜きでのコンサートやCDリリースすらチャレンジすらさせないってどうなんですか?

 

また、このタイミングでカントリー・ガールズを分裂させることで、カントリー・ガールズというユニットはももちのためのユニットだったという印象になるんですよ。

そんなこと、ももちは最初から最後まで望んでないでしょう。

ももちはあくまで、「自分がアイドルを卒業してもカントリー・ガールズが活躍できるよう」メンバーひとりひとりを大切に育てていき、それぞれの個性が光るメンバーになれるよう導いてきたはずです。

その姿は私たち外野でなくて、周りの大人の方が近くでずっと見てきたでしょう?

ももちのことを考えてたら、こんなことは普通はできないと思いますよ、普通は

 

BISET WHITE(ビセットホワイト)

 

 

 

そしてカントリー・ガールズ以外のハロメンも動揺させないでほしい

事務所様よ、カントリー・ガールズ以外のハロメンも明らかに動揺してるブログが着々とあがってますよ。

内々で脅かしてどうするんだよ。

次は自分が移籍させられるかもしれない…と脅えた顔で活動しているメンバーなんて見たくないよ!

 

そんな中、アンジュルムのタケちゃんとあやちょのブログは、他グループのヲタさんにも読んでもらいたいです。

 

今日は群馬!竹内朱莉|アンジュルム オフィシャルブログ「アンジュルム アメリカにっき」Powered by Ameba

 

カントリー・ガールズ|アンジュルム 和田彩花オフィシャルブログ「あや著」Powered by Ameba

私は|アンジュルム 和田彩花オフィシャルブログ「あや著」Powered by Ameba

 

タケちゃんやあやちょは本当、こういうときに頼もしいと言いますか、中身が大人になったなと思います。

 

 

 

ひとまずのところ

カントリー・ガールズで配信でも新曲が出たら買います!

(今までも買ってきましたけど)

微力ながらではありますが、それくらいしか今の私にはできることがない気がしますので。

他にもカントリー・ガールズ存続でできることがあれば、積極的に取り組んでいきます。

 

 

以上、長々とお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

(さて、日付が6月12日に変わった途端に雨が降り始めた東京。

本日のコンサート終演後はどうなるかが楽しみでもあり、恐怖でもあります)



カンファレンスバナー