メープルクッキー。

メープルクッキー。

ハロー!プロジェクト関連、美容・化粧品、ブログ運営、節約体験談など記載している雑記ブログ

MENU

嗣永桃子ラストライブ ♥ありがとう おとももち♥ を見届けてきた【アイドルライブの教科書】

f:id:r122307131111:20170709034817j:plain 

 

どうもこんばんは、山田です。

 

6月30日。

「嗣永桃子ラストライブ ♥ありがとう おとももち♥」をライブビューイングで見届けてきました。

ラストライブを鑑賞した感想や、ももちってこんな人だよねって話を記載していきたいと思います。

 

 

 

セットリスト

ツイッターのとざまさん(@tozamasan)から拝借しました。

 

とざませんのセットリストは収録CDまで詳しく記載されていて、いつもありがたく参考にさせて頂いてます。

 

 

 

感想

Berryz工房の曲から始められた構成されたセットリストに、ももちのBerryz工房への愛とつんく♂氏への感謝が感じました。

セットリストの曲をどんな気持ちで選んだのかを考え出すと、「恋はひっぱりだこ」から「マジ グッドチャンスサマー」までは涙なしで見られず、ハンカチが手放せませんでした。

ただ、序盤で関係者席が一瞬映って、そこにももちヲタで有名な譜久村聖ちゃんらしき人物がももちのメンバーカラーのピンクTシャツ着て関係者席に座っている姿を見て、一瞬目が点になりました。(後にあれは譜久村聖ちゃんだったと判明

涙も引っ込みましたよ。 

 

曲によって歌い方と表現を変えてくるのはプロの技そのもので、メドレーでは可愛いももちも格好いいももちも堪能させてもらいました。

個人的には「恋泥棒」から「大人なのよ!」の切り替えはすごく良かった。

(「大人なのよ!」は私がBerryz工房の中でも特に好きな曲であるので贔屓目もあります)

大人なのよ!

大人なのよ!

  • Berryz工房
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

きゃぴきゃぴ歌ってたところにガラッと急にトーン格好いい歌い方って反則ですよ。

 

ちなみに「スッペシャルジェネレーション」は冒頭のあれをヲタにコールさせて終わるという、なかなか斬新なメドレーでした。

このときの客席のコールが一番大きくて揃ってたように思いました。

精鋭ども、半端ない。(注:褒めてます)

 

ちなみにタンポポの「恋をしちゃいました!」がメドレーの最後なのは、オーディションのときにももちが歌った曲だからですよね。

メドレーは最新曲から15年を遡る曲構成でしたので、一番最初に放送された映像のこの曲を選曲したのかと思います。

過去に配信されたももちバージョンを紹介しておきます。

恋をしちゃいました!

恋をしちゃいました!

  • 嗣永桃子(Berryz工房)
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

ちなみに「I NEED YOU」は今までコンサート(もしくは映像)でバラードバージョンでしか聴いたことがなく、今回改めて聴いてみたら大分アップテンポな曲で驚きました。

I NEED YOU

I NEED YOU

  • Buono!
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

「ギャグ100回分愛してください」は発売当時のPVと現在の映像を織り交ぜたオリジナル映像で、現在の方には猫とうさぎの着ぐるみを着た誰かが踊ってたんですね。

これまでの経験から着ぐるみには恐らくハロメンが中に入ってると思ってたら、出てきたのはやなふなのおふたりさん。

分かってるよね、ここはやなふなだよね。

「のにゅ」でやなふなももちで煽って、その後はやなふなは着ぐるみの頭をとって踊ってたのですが、着ぐるみの頭をとった後のうさ耳のやなみんと猫耳の船ちゃが超可愛かったよ!

今からでもグッズ化すれば良いのに、売れるよきっと。

 

 

前半はこんな感じで一部映像を除き、今までグループで歌われてきた歌をひとりで歌い、更にステージを盛り上げるという超人技。

この状態に福田まろ氏の卒業コンサートで、まろ氏がメンバー8人とのデュエットメドレーを披露したことを思い出し、何年も現場で鍛えられてきたキャリアを持ってるハロプロアイドルは他のアイドルとは違うなと改めて認識しました。

 

ただ、ずば抜けてキャリアを持っていたハロー!プロジェクトキッズが全員いなくなった今、ここまでひとりでステージをこなせるメンバーをどれだけ育成できるか、そこが今後のハロー!プロジェクトの課題だと思います。

個人的には接触系のイベントは減らして歌のレッスンを増やしてほしい。

 

 

「ももち!許してにゃん体操」ではももち結びで登場。

「悔いだけは残さない!」「恥はとんと捨てる!」と曲中に力強く煽ってたのが印象的でした。

 

 

「cha cha SING」後のMCでは、カントリー・ガールズメンバーがやりたがっていたクリスマスプレゼント交換会を行ったこと、ももちからラストライブ前日の夜に花火大会をしようとサプライズしてくれたことを、「ももち先輩との思い出」として話してくれました。 

ももちはこういうエピソードを自分から発信しないので、メンバーから聞けて嬉しく思うのと同時に、今後は聞けなくなるのかと思うと急に寂しくなりました。

普段はツアーで地方に行っても観光しないのに、最後のツアーはメンバーみんなと観光したり、メンバーがしたいと言っていたことを覚えてて最後だからと実現させたり、カントリーのメンバーが嬉しそうにしているのが一番嬉しい。

  

 

「愛おしくってごめんね」は後輩の台詞パートを奪い取るももち。

やなみんの継続困り顔、おぜこの不満顔がそれぞれのキャラに合ってて良かったです。

 

 

アンコール明けのMCでは、道重さんの卒業コンサートと同様に、ファンの顔を見ながら話し始めるももち。

これまでのアイドル人生を振り返り語り、カントリー・ガールズの話をし始めると涙声に…目を潤ませても絶対に涙をこぼさないももち。

「Berryz工房活動休止後に本格的に合流したため、メンバー、ファンの中で既に空気が出来上がっていて」

「私居場所ないかもと思ったとき、誰よりも優しく手をさしのべてくれたのはメンバーのみんなでした」

「居心地が良いなと思ったのは私が年下に溶け込む能力があるって訳ではなくて、メンバーのみんなが私の居場所をつくってくれた」

そんなグループが新体制でバラバラになるのは、ももちの今までの経験を考えるとやはり心苦しい。

 

「ももち幸せになってねってみんな言ってくれるけど、私は見ての通りビジュアルも良いし、愛嬌もあるし、運まで持ってるから大丈夫です!」

「皆さんの方が幸せになって下さい!」

途中涙はあっても最後はオチをつけて、湿っぽく終わらないのがももちイズム。

ももちの思惑通り、結局泣いて笑ってしまった。

 

 

ラストはステージの上手から下手の端まで、ももちはずっと笑顔で(一度だけ涙をこらえた仕草をして)ファンへ挨拶。

エレベーターがセットされたステージ真ん中からゆっくり下にくだってはけるとき、一度止まって、ずっと立てていた小指をゆっくりたたんで、姿が見えなくなりました。

ももちがステージ上でずっと小指を立てていたのは、「ファンの皆さんの愛を受信するため」。

その小指をたたむということは、アイドルのももちは終了したということを意味します。

 

最後の最後までももちはアイドルとしての美学、哲学を持って、それに忠実に行動をする人でした。

ももちは努力家で、仲間思いでファン思いで、常に他人や状況に流されない強い意志を持って行動する強さを持った人です。

言葉にするのは簡単ですけど、これを実践するのはなかなか難しいですし、ずっと継続していくことはもっと難しい。

そんな類い希な強さを持った人だから、たくさんの人に愛されたのだと思います。

そして自分が愛されていること、求められていることを理解して、ファンの求める姿であり続けてくれました。

こういう風に振る舞えるプロのアイドルは、なかなかいないんじゃないかなと思いました。

 

 

今回のコンサートは、ももちのアイドルとしての振る舞いやパフォーマンス、セットリストからアイドルのコンサートの教科書といっても良い内容だったと思います。

「雨が降ったら伝説になるじゃないですか」の発言通りに雨が降らなかったけれど、間違いなく伝説のコンサートになったと思いますので、DVDやブルーレイが発売されたら何度でも観たいですね。

 

 

 

アイドルももちの最後のブログ、見納めの写真

ももちはブログの更新をしないことで有名なのですが、突如6月16日に「これから毎日ブログを更新してみます」と宣言し、実際に毎日ブログの更新を行いました。

ameblo.jp

(某大型掲示板では「ももちがブログを4日連続で更新した」というだけでスレが立ったほど、ブログを更新しない人でした)

最後の「15年」へ繋げるために、あえてこの日から始めていったのだと思われます。

ameblo.jp

縦読みとか頭文字を繋げて読ませたりせず、シンプル、王道でいくところがももちらしいですね。

自分のブログで顔出しをしないのも、ももちらしいです。

 

Berryz工房としての7人の集合写真は、私たちが見られるのはきっとこちらが最後だと思います。

(今後は一般人だからという理由でスタンプで顔を隠される可能性が高いです)

ameblo.jp

 

先輩と一緒だと急に後輩の顔になるももち、良い顔してます。

www.instagram.com

 

 

 

今のところロスの実感はない

ロスの実感はないと言いますか、あれだけ感動的な最後を見てもまだももちはハロー!プロジェクトに所属している気がするんですよね。

 

ウィキペディアで「嗣永桃子」のページを出すと、既に「元アイドル」「元歌手」「元タレント」「元女優」となっていました。

 嗣永桃子 - Wikipedia

仕事が早いですね。

こういう「元●●」という文字や情報を目にしていく回数が増える度に、「ももちは引退したんだな」と実感がじわじわ出てくるんだと思います。

 

 

 

今後このブログの更新予定について

5月~6月にかけては℃-ute解散やももち卒業の影響から、コンサートへ参戦したり、ライブビューイングへ足を運んだりと、足を運ぶ機会が多かったのでハロプロネタで主にこのブログを更新してきました。

 

特に下記の記事はたくさんの方に読んで頂くことができ、自分のブログを更新するモチベーションや自己肯定感を高めることができました。

このブログを見つけて下さった皆さんに心から感謝です。

www.maplecookie.net

www.maplecookie.net

www.maplecookie.net

 

 

℃-uteが解散し、ももちが卒業した現状ですが、ひとまず現場へ足を運ぶ予定が未定の状態のため、今後はハロプロ以外のネタ、コンサートや現場以外のハロプロネタでブログを更新していく予定です。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。



カンファレンスバナー