メープルクッキー。

メープルクッキー。

独身アラサー女が雑多な内容(ハロー!プロジェクト関連、美容・化粧品、ブログ運営、節約体験談)について記載しているブログです。

資生堂強し。マキアージュのドラマティックルージュは口紅が苦手な女子、ズボラ女子におすすめしたいアイテムです

f:id:r122307131111:20170823231020j:plain

 

どうもこんにちは、山田です。

 

突然ですが、女性の皆さんは口紅はお好きですか?

私は化粧の中で口紅とグロスがとても苦手です。

 

その理由は

・口紅やグロスはすぐ落ちる上、何度でも塗りなおさなければならないため

・口紅はリップブラシで塗らなければならないところが面倒であるため(そしてリップブラシも管理しなければならないため)

・グロスは風で揺れる髪に付着するときが気持ち悪いため

が挙げられます。

 

今まで職場のルールが緩いことを良いことに、無色のリップクリームとワセリンでずっと乗りきってきました。

 

しかし、そろそろ年齢的にちゃんと口紅をしないとなぁ…と思い始めた頃、たまたまアマゾンプライムセールでマキアージュのドラマティックルージュがセール対象になっていたので、軽い気持ちで購入してみました。

購入前は他の口紅と大して変わらないだろう…と思っていましたが、実際に使い始めるとその思いは良い意味で裏切られました。

 

今回は口紅が苦手な私がマキアージュのドラマティックルージュをおすすめしたいポイントや、ネット通販でも失敗しない色選びなどについて記載していきます。

 

 

 

マキアージュのドラマティックルージュとは

「美容オイル生まれのルージュ」という触れ込みで、艶・保湿・持続に重点が置かれた口紅です。

とても柔らかく、なめらかで軽い使い心地が特徴です。

 

詳しく知りたい方はこちら(公式ホームページ)へどうぞ。

(そして当ブログへ戻ってきてください)

 

 

 

口紅が苦手な私がドラマティックルージュのおすすめしたいポイントを4つ挙げてみる

口紅が苦手な私から見た、ドラマティックルージュのおすすめしたいポイントを4つ挙げていきます。

 

 

1.口紅だけど、リップブラシを使わず直塗りができるところ

冒頭で、口紅はリップブラシを使って塗らなければならないところが苦手だと記載しましたが、こちらのドラマティックルージュは使用方法の欄に「紅先を2~3mmほどくり出し、直接唇に塗布してお使いください」とあるように、公式に直塗りを推奨されている口紅であります。

リップブラシで上手く塗れない…と思って使用方法を確認したところ、そのように記載されていて目から鱗でしたし、これまでの口紅の概念をひっくり返されたと思いました。

直塗りでちゃんと口紅が定着しますし、柔らかくて塗りやすいので、派手にリップラインからはみ出すこともありません。

 

化粧直しにもこちらだけサッとお手洗いに持って行けて、サッと塗り直しができるので、オフィスで働く女子、女性陣にはありがたいところではないでしょうか。

 

 

2.色落ちが自然なので、化粧直しができなくても何とかなるところ

なかなか自分の席、持ち場から離れられないために化粧直しに困る職種の方もいらっしゃるかと思いますが、そんな女子、女性陣にも持ってこいなのがドラマティックルージュです。

 

気が付いたら口紅が落ちていた、というくらい自然に色落ちするので、頻繁に塗り直しをしなくても問題ありません。

(ちなみにパッケージには「6時間 仕上がり持続(色・つや・なめらか仕上がり)」とはありますが、私は仕事をしている環境が乾燥しているからか、あまり長持ちはしません)

 

私は頻繁に化粧直しをするタイプではない(要はズボラ)ので、唇の色が口紅を塗る前と後で極端に変化がない、こちらが合っているなと思います。

また、色落ちしない口紅は色落ちをしないがためにたくさんの添加物を使用していると思いますので、自分の唇のためには色落ちしない口紅より、自然に色が落ちる口紅の方が唇のためには良いと思っています。

ただ、自然に色が落ちる口紅でも必ずクレンジングはしてくださいね。

 

 

 

3.唇の色、顔の色が明るく見えるところ

配合されているムードアップパールとオイルの艶のおかげで、唇の色がパッと明るくなり、顔全体の色も明るく見えます。

こちらを塗るだけで「化粧をちゃんとしている感」が演出できるので、ズボラな少ないアイテムで化粧をちゃんとしている感を出したい方に、ぜひおすすめしたい。

 

また、パール自体はギラギラした大粒のパールではなく、小粒の細かいパールのため、使う人を選ばない、万人に使いやすい口紅だと思います。

 

 

4.保湿効果もあるので、色つきリップクリーム感覚で塗れるところ

先にも述べましたがドラマティックルージュは直塗りの口紅なので、色つきのリップクリーム感覚で塗れるところが良いですね。

 

口紅はメーカーによっては唇が乾燥してしまうものもありますが、ドラマティックルージュはオイルベースの口紅のため、唇を綺麗に見せつつ保湿もできるところが優れていると思います。

リップクリームみたいにべたべた塗らなくとも、少量で保湿できるところもおすすめできるポイントです。

 

 

 

色選びのポイント

口紅を選ぶとき、色選びに悩まれる方は多いと思います。

お金を出して購入するのですから、自分にぴったりの色を見つけたいですよね。

 

私は先述のとおり、アマゾンのプライムセールでこのドラマティックルージュを購入したため、自分に合うと思う色を自己判断で選び、購入しました。

通常ですと、資生堂、カネボウ、KOSEなどカウンター系のコスメは、店舗のカウンターで美容部員さんに見てもらうのが一般的ですよね。

しかし、美容部員さんに見てもらわなくとも、自分に似合う色を選ぶことができます。

 

その方法が自分のパーソナルカラーを知ることです。

パーソナルカラーとは、生まれ持ったボディーカラー(髪・瞳・肌の色)や、顔立ちなどから自分に似合うカラーのことで、パーソナルカラー診断はそれを見つける診断のことを意味します。

プロの方にお願いすると、より確実に自分のパーソナルカラーを知ることができますが、それには10000円程度の費用がかかります。

いずれプロの方に見てもらいたいとは思いますが、今は難しいので、私はこちらの@cosmeでパーソナルカラーを自己診断しました。

 

自己診断の結果では、私のパーソナルカラーは夏でした。

どうやら日本人の5割はパーソナルカラーが夏に該当するようです。

 

パーソナルカラーが夏の人は青みがかったピンクやくすみ感のあるローズが似合うとのこと、@cosmeではPK722、BE777がおすすめされていたので、PK722を選びました。

(普段ならベージュを選びますが、このときはセールでテンションが上がっていたのでちょっと冒険してみました)

 

PK722はこんな感じのお色です。

f:id:r122307131111:20170823224036j:plain

「大人に似合うくすみピンク」という触れ込みで2017年春に発売されたお色になります。

元の唇の色とあまり変わらず、肌馴染みが良い色なので、私に合っている色だと思いますし、個人的にとても気に入っています。

 

 

 

なんだかんだで資生堂は強い

今まで口紅は色々なメーカーに手を出しては使い切れずに放置するという無駄遣い悪循環の状態でしたが、ドラマティックルージュを見つけたことでその流れを断ち切ることができました。

困ったときには王道の資生堂に戻ってくるのが良いかもしれませんね。

 

 

もし私のようにきちんとリップメイクはしたいけど口紅探しに困っている、という方にはマキアージュのドラマティックルージュをおすすめしたいです。

 

決して安い商品ではありませんが、値段に見合った機能が十分にある口紅だと思いますし、ネット通販で購入すればポイントもついてくるので実質割引の状態で購入できます。

 

上記のリンクは私の持っているPK722を選びましたが、Amazonでは他のお色も同じページ内でチェックできます。

もし興味が持てましたら、ぜひ上記のリンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。



カンファレンスバナー